牡蠣って鍋に入れると、どうしてあんなに小さくなっちゃうの?

よく見る向き身は、透明の袋に入っていて、キレイな水と共に
大きな牡蠣が入っているので清潔で美味しそうに見えますが、
これが小さくなる味の薄い牡蠣なのです。

なぜかって?本来は牡蠣は海水で育ちます、そのまま
海水で袋詰めすると少しにごった感じで、見た目がよろしく
有りません又牡蠣の身自体も、向き立ての大きさそのままです。
しかしキレイに真水で洗い、真水と共に袋に詰めると、浸透圧の関係で
牡蠣が大きくふやける訳です、それを鍋に入れると今度は
水分が抜け、あの大きさ変化が起き、鍋の中を探すことに成るのです。

少し濁りが有り、ぬめった感じの水分の中に、少ししわっぽい身が
良いと思います、つるっとして身がパンパンな美人の身は水分の
せい?かもしれません 100gの向き身を買ったつもりが
水分?gも混合して買っていたなんて事に・・ 参考までに。

 牡蠣の生命力の強さについての、お話です。

その昔昭和の初期でしょうか、牡蠣のタネコ(牡蠣の子供)を
一部広島から運んで来る時代が有りました、
そのころは、国鉄の貨物や、トラックに載せて来ました、
タネコの大きさは、指のつめほどです、野積みの上にシート掛け
その様な状態で、3日〜5日かけて到着しました。


養殖中に、他の生物が付着し 汚れた場合に、筏に上げて
1日〜2日後に又海中に入れます、他の生物は死滅して
牡蠣だけが、元気に育ちます。


この地方では、カラ付き牡蠣は、日のあたらない涼しい所に
保管しますと、5日間位は、生きています。

海水の状態の悪い時なども、カラを閉じ じっと状態が良くなるのを、
待っています。


 このように生命力の強い牡蠣を、食してみて下さい。
トップページにもどる