ロッジ山水の牡蠣養殖の風景 2006年2月8日

紀北町の牡蠣養殖場の風景。
牡蠣筏と、チヌ釣筏が並んでいます。

全国的に先がけの施設、釣筏にはポータブルトイレを、
設置し水質汚染を無くしています、美味しい牡蠣を
育む為です。

海水と川の水が、混ざる 汽水湖です
この条件が、風味の良い牡蠣を、育みます。
私が、上地 茂です。
美味しい牡蠣を、お届けできるように
日々努力しております。

(TV で見た方も多いと思います。)
これはホタテの貝殻に、タネコ(牡蠣の子供)が
着くようにしている所です。

出荷待ちの、成熟した牡蠣です。
40〜60cm位の魚がユラリと遊んでいるかのように、
わりと良く見うけられます。
水揚げしたての状態です。
この状態では、色々な海洋生物が
付着してます。
綺麗に掃除をして、除菌された海水の中で、
ゆっくりと時間をかけて呼吸をさせ、
牡蠣の安全性を、高めています。
ウイルスも、無くなり大丈夫です

牡蠣の掃除や、ムキ身を作る作業の写真を、
撮ろうとしたら、お姉さん方々からNGとのことで
載せることが出来ませんでした。
  トップにもどる